iPhone13シリーズ

iPhone13シリーズ(iPhone12sシリーズ?)の情報も
続々出てきていますね。

去年はコロナの影響で遅れがありましたが、
今年は例年通り9、10月あたりの時期に発売が予想されています。

見た目はiPhone12シリーズと大きく変わらないそうですが
新しく本体カラーが追加される可能性が高いそうです。

今回の新型アイフォン発売を待って
機種変更を検討されている方も多いようですが、
発売前に故障してしまった為
やむなく修理にご来店される方もいらっしゃいます。

少し画面が割れている程度や
電池の減りが早いなど、我慢すれば使える状態なら
発売まで待つことも出来ますが、

画面全体のひび割れや、液晶のタッチ不良
バッテリー残量の極端な減りなど、普段の使用に支障が出てきてしまうと、修理をするか機種を新しくするしかありません。

また、毎年この時期になると増えるのは水没・水濡れです。
(ちなみに本日も水濡れ修理対応しました)

夏と言えば、海水浴・プール・川遊びのシーズンです。
格段に、水分との接触機会が増える時期の為
7月8月は毎年水濡れ修理件数が増加します。

アイフォンは耐水性能を持ち合わせていますが
状況によっては、その性能は破られます。

本日受付したのは、iPhoneXの水没でした。
iPhoneXは、IEC 規格 60529 に基づく IP67 等級 (深さ 1 m まで、最長 30 分間) に適合しています。(アップル公式参照)
水没の原因は、川に落としたこと。
深さは50㎝程で、落として数秒で拾い上げたそうですが
画像のように、水分は内部へ侵入していました。

アップル公式でも以下のような記載があります。
・iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
・iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
・iPhone をサウナやスチームルームで使う
・iPhone を意図的に水没させる
・推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
・iPhone を落とすなど、衝撃を与える
・iPhone を分解する (ネジを外すなど)

以下参照ページ
https://support.apple.com/ja-jp/HT207043

水流や水圧、本体へ衝撃、圧力が加わった経験があるなど
条件下によって、水濡れによる損傷は起こりえます。

防水ケースに入れるなど、対処をした上での使用を
強くお勧めいたします。

幸いなことに、見事に浸水していたiPhoneXは
水分の除去、バッテリーの交換、画面の交換が必要な状態でしたが、
データを保持したままで復旧が完了しました。

大切なデータは、定期的にバックアップを行い
水濡れや、その他の故障にもお気を付けください。

新型iPhoneの発売前に故障してしまった場合は
即日修理のできるスタイルマートへお越しください。

可能な限りお客様の要望に合わせた内容で
修理をさせて頂きます。

修理に関するお問い合わせやご予約はこちら👇
お電話➡ 059-370-8868
ライン@➡ https://page.line.me/ypr1399h?openQrModal=true

近鉄鈴鹿線「平田町駅」より徒歩5分
☆鈴鹿市でiPhone修理するならスタイルマート

亀山市や四日市市や津市などから遠いところから車でお越しになられた方も、鈴鹿ハンターの駐車場は1,500台ございますので車でも安心です。
立体駐車場もございますので、夏の急な雨でも心配はいりません♩