アイフォンの画面が浮いている原因。それ電池が膨らんでいる証拠です。

この記事を読んだ方は、すぐに確認してください。

使わずに置いてあるアイフォン、ゲームや動画用に使っているサブ端末、

いつも使っているケータイの画面が浮いていませんか?

横から見ると分かりやすいですよ。

こちらは分かりやすい例です👇

完全に画面が浮いてしまっています。

この画像だけ見ればすぐに気づきそうですが、普段アイフォンケースを付けていると案外気づきにくいものです。

電池の状態はこんな感じです👇

見事に膨らんでいますね。

ここまで膨らむことは稀ですが、アイフォンの電池が膨張することは割とあります。

最近交換した機種は、iPhone6・iPhone6s・iPhoneSE(第1世代)という古い機種です。

発売からある程度期間が経過しているアイフォンに、膨張の症状が多い傾向があります。

理由は様々ですが、長年の使用で古くなった電池はガスが発生しやすく、内部にガスが溜まることで膨張します。

電池が膨らむだけなら電池を交換することで解決しますが

膨らんだバッテリーによって、画面が壊されてしまうことも・・。

本来くっついたままの部品が、内側から押されることで剥がれてしまっています。

こうなると、バッテリーだけではなく、画面も交換が必要になってしまいます。

この状態になってもそのまま使える場合がありますが、そのまま使うのは危険です。

なぜならば、隙間がある状態だと、埃や水分が内部に入りやすくなり、次の故障につながる恐れがあります。

膨らんでしまった電池は、20分ほどで交換が出来ます。

iPhone6やiPhoneSEなら3,990円、iPhone6sは5,390円で新品のバッテリーの交換が可能です。

iPhone6sは、最新のiOSにも対応している為、まだまだ現役で使っている方も多いので

浮いてくる前に、交換をしておくことをお勧めします。

スタイルマートでは、ご予約なしでも即日修理対応が可能です。

突然電源が落ちた、充電しても点かないといった急な故障でも対応させて頂けます。

もちろんご予約も承っております。

事前にご予約頂ければスムーズな受付が可能でございます。

ご予約の場合は、お電話かライン@にて受け付けています。

お電話はこちら 059-370-8868

ライン@はこちら